人工透析

腎不全を患った患者様の生命維持を担う人工透析医療

腎臓がほとんど機能しなくなった場合、生命を維持していくためには、人工透析か腎臓移植を行うしか道がないのが現状です。過去には、腎不全になると、尿毒症で死ぬしかありませんでした。しかし医学の進歩により、たとえ腎臓が全く機能しなくなったとしても、人工透析を行い続けることで社会復帰できるようになったのです。現在、全国では約31万人の患者様が透析治療を受けておられ、その数は毎年約1万人ずつ増え続けていると言われています。

診療時間

診療時間
9:00〜13:00
(受付終了12:30)

(腎臓)

(腎臓)
14:00〜18:00
(受付終了17:30)

※火・金の午前中は腎臓内科専門医師による診察日です。

人工透析

月・水・金曜日午前8:30〜10:00(入室)
午後15:30〜17:00(入室)
火・木・土曜日午前9:00〜10:00(入室)